Archive for 8月, 2001

8月 30 2001

世の中は動き出してるというのに・・・

Published by under タグ:

またまたお久しぶりの更新となりましたが皆さん如何お過ごしでしょうか?
僕はというと・・・

前回の更新以降もなかなかのハードスケジュールです。
とはいえ、後輩とその彼女と僕と僕の彼女でダブルデート。
毎年恒例で開催している親友たちとの同窓会。
そして待ちに待った大奮発の北海道2泊3日の旅です。
ついでに元バイト仲間との1泊旅行と目白押し。
はい、遊びまくりです(笑)
ま、それぞれの詳細は後日ということで。

今日の話題は北海道♪

何を隠そう僕は大の北海道好き♪
これまでにも電車で1回、バイクで2回、飛行機で1回の計4回訪れています。
そして今回、飛行機にて5回目の北海道上陸です。
北海道の魅力はやはりあの大きさでしょう。
都会育ちの僕は目にした事の無いような広大な草原や森。
透き通った水を満々とたたえた湖や、川のせせらぎ。
行く先が霞んでしまうほど真っ直ぐに伸びた道。
何気なく訪れてもそれぞれの魅力を持つ町並み。
行けば行くほどはまっていく自分がいます。

やっぱり印象が強かったのはバイクで旅行したときでしょう。
大体バイクの免許とってバイク買ったのも北海道をツーリングしたかったからなのです。
バイクで道内を巡ってると同じくツーリングをしてる人たちと行き違います。
その都度、見ず知らずの他人であるにもかかわらず左手を挙げてご挨拶♪
唯同じ魅力に惹かれたという理由だけで仲間に出会えた気分です。
道中はキャンプ生活なのですが、
キャンプ場で偶然居合せた人たちと酒を飲むなんてのも一度や二度ではありませんでした。
なかなか貴重な体験をさせてくれるのも北海道ならではでしょうか。
ま、なんと言ってもあの大自然の中を風と戯れながら走る!ってのが最大の魅力ですがね☆

で、今回は飛行機を使った強行スケジュール。
2泊3日で新千歳空港から札幌、小樽、洞爺、函館を巡りました。
これはわかる人にはわかると思いますがかなりしんどいです。
とはいえ北海道初体験の彼女と一緒だったので、
僕としては出来る限りの魅力を伝えたくて、
いろいろ考えていたらこんな感じになってしまったのです。
ま、これまでにも何度か訪れたことがあるだけにスムーズにまわれましたし、
僕の一番のお気に入りの場所だけを抜粋して巡ったので僕自身も満足。
彼女も「今度はもっとゆっくりいろんな所をのんびり巡りたい!」
と言ってくれるぐらい満足してもらったみたいなので、
まずは大成功と言うところでしょう。

それにしてももう少しゆっくり行きたかったものだ・・・
ま、時間も金も無かったしここらが限界だったんですがね。
ちゃんと就職してしまう前にもう一度ゆっくり訪ねてみたいなあ・・・

はい。そろそろ厳しい現実に戻ります。(涙)

世の中は動き出してるというのに・・・ はコメントを受け付けていません。

8月 17 2001

やっぱお盆ですなあ・・・

Published by under

みなさん、お久しぶりです。
約1週間ぶりの更新ということで「なにさぼってんねん!!」と
お叱りを受けてしまいそうで若干怖かったりもするのですが、
先月、何時の間にやら設置しておいたカウンタを見ると
あまり進んでないという現実もあって「ま、いっか♪」と思いつつ、
若干知名度と来客数の少なさに寂しさも感じております。(涙)

さて、更新が滞っている間何をしてたかというと・・・

はい。仕事です。(泣)

と、言うのも「ちゃん夏休みが取りたい!!」という
僕の願いを実現させるべく、8月前半にバイトを集中した結果、
精魂尽き果ててしまうような状態に陥ってました(笑)
おかげで何とか8/15から約2週間の長期休暇が実現しました☆
でも、今こうして更新してることからもお気づきになれるかもしれませんが
只今、学校にて作業中・・・
あくまで長期休暇はバイトの方なので。
本業の方は、年中休みといえばそうですし休み無しといば無しなのです。

つまり自分次第☆

なのでちょくちょく学校には来ることになるのですが、
何はともあれ自分の意思で自由に時間が使えることに変わりは無いので
なんとも嬉しい限りです。
で、まず手始めに前々日から2日弱の里帰りをしてきた訳です。

里帰りと入っても電車で2時間半弱で帰れますし、
ちょっとリッチに高速を車で飛ばせば1時間半の距離なので、
そうたいそうなものでもないのですが、なかなか帰れないのも事実。
やっぱ久々に帰る実家ってのは良いもんですね?♪
帰ったらまず愛犬のリックの少々乱暴な歓迎を受けます。
こやつがウェルシュ・コーギーとは思えない体格(つまりデブ(笑))でして、
それでいて若さゆえに元気に飛びはねるもんですから、
結構良い当たりを食らってしまうわけです。

しばし闘牛士の気分(!?)でリックと戯れた後、
夕飯を囲みながら両親と僕の近況報告です。
ちなみに僕と両親はかなり仲良しです。実家にいる間の大半は親と過ごします。
墓参りに付き合ったり、買い物に行ったり、テレビ見たり・・・などなど。
なにしろ以前も少し話しましたが、お茶目な両親なもので(笑)
ほとんど友達感覚です。ま、けじめは持って接してるつもりですが。

それにしても、起きたらご飯が用意されてて、
着てる服脱いで置いといたら洗濯してもらえて、
風呂入って出てきたらビールが冷えてて、
夜中にお腹が減っても冷蔵庫を開ければ豊富な食料・・・

あ?しあわせ♪

しかし、あまり長居してしまうと普段の生活に戻れ無い気がするのと、
地元に仲の良い友達があまりいない(泣)という理由で、
僅か二日半の帰省となったわけです。はい。

で、滋賀に帰ると遊びの予定が満載♪
バイトで知り合った友達や、後輩、そして当然彼女とも遊ばなくちゃ(笑)
はっきり言って普段仕事してるよりも忙しいかも(爆)

そんなわけで、またもやしばらく更新が滞るかもしれませんが、
御理解の程宜しくお願いいたします。

やっぱお盆ですなあ・・・ はコメントを受け付けていません。

8月 09 2001

なんだか何かが物足りない・・・

Published by under

今日はびわこ大花火大会。
人ごみが苦手な僕としては間違っても近寄らない行事の一つではあるのですが、
花火自体は見るのもやるのもかなり好きな方なので、
例年はいつも若干人気の少ない対岸から眺めていました。
湖岸で芝生に寝転びながら大きな花火を眺めるのはなかなかのもんです。
去年は一人身だったので自宅でゴロゴロしながらテレビ見てたら
いつのまにか終わってました。(涙)
そんな訳で、今年は彼女を誘って二人仲良くかき氷でも食べながら、
星空に広がる光の祭典を満喫しようかなぁ♪
なんて言う甘い考えは、

「仕事!」

という一言の前にもろくも崩れ去り(泣)
結局、研究室の窓から遠くに花火を眺めるという方向に落ち着いてしまいました。
僕の通う大学は、建物自体ちょっと小高い丘の上みたいな立地条件。
加えて僕の所属する研究室はビルの6階という好条件のため、かなり綺麗に見えるらしい。
とはいえ、研究室からなんて考えたことも無かったので全くの未体験。
どんな風に見えるのかなあ・・・なんて思ってました。

そして、その時はやって来ました。
研究室の明かりを消して窓際に行き窓を開け放つと

「ドーン!」

という、なんとも低く力強い音が聞こえてきました。
遠くに見える湖の上で輝く花火は、やはり少し遠すぎるのかやや小さいのと、
かなり遅れて聞こえてくる音とのギャップのせいで、やや迫力には欠けるものの、
なかなかどうして、綺麗なものでした。
ちょっと天候がすっきりしてないせいか微かに霞んでいましたが、
それはそれで、帰って幻想的な雰囲気をかもし出してくれました。
角度も例年眺めていた角度とは異なるため、
全く違った感じがして新鮮でもありました。

いいですよねぇ・・・
和みますよねぇ・・・
やっぱ夏の風物詩ですよねぇ・・・
綺麗ですよねぇ・・・
ほんと良いもんですよねぇ・・・
でも・・・

なんか空しい・・・

来年は一緒に見に行けますように・・・♪

なんだか何かが物足りない・・・ はコメントを受け付けていません。

8月 08 2001

嫌!!!!!

Published by under

今日も癒えない日焼けの痛み&脱皮前の痒さと戦いながら頑張って更新です。
今日は(というか最近ずっとですが・・・)どうしてもやる気が出ない日でした。
研究室には来たものの、やってることといえばネットとメール。
毎日チェックしてるサイトを一通り見た後、新聞チェック。
それだけではあき足らず、面白そうなテキスト探しの旅へ。
同世代の人々は夏休みもへたくれも無く働いてる真昼間。

このままではいかん!!

結婚や出産、出張や転勤、昇進に転職とそれはもう様々な出来事が、
友人と話すたびに報告を受けます。
そりゃそう。
世間の目から見ればかなり良い歳こいてます。
そのての話しは全くもって不自然なことでも不思議なことでもないのです。
それなりに職につき、それなりに自分で生活して当然なのです。
にも関わらず僕ときたら・・・

そんなことを柄にも無くボケーっと考えていると、
ふとそこへ休み中なのに珍しく巨匠登場。
開口一番に一言・・・

「Pentium4つんだマシンが10万切ったね♪」

この方、自分の人生に疑問を抱くことは無いようです。
大体、安くなろうが高くなろうが欲しくなったらすぐ買っちゃうじゃないですか。

さて、そんなことはさておき、
今日は彼女がもといた支店の方々が送別会をしてくれるそうな。
先日、今の勤務先の方々に歓迎会をしてもらったばかりなのに。
というか・・・

順番おかしくないですか?(笑)

まま、皆さんのお仕事の都合とかもあってのことでしょうと勝手に納得し、
とりあえず遅くなるようなら駅まで行くから電話しろとメールしておきました。
そして、23時ごろ電話がかかってきたので駅に向かいました。
大変良くしてもらっていた前の勤務先の人々と会えて
とってもご機嫌な彼女の話しをこれまた僕もご機嫌で聞いてました。
駅から彼女の家までは車で10分ぐらい。
明日も朝早くから仕事だということは当然わかっていますから、
すんなり帰ろうとすると、彼女が一言・・・

「嫌や・・・」

かわいい!!!!!
今日はこれで満足♪

#追記
何気にこのサイト、結構知ってる人が見てるんですよね・・・特に後輩とか(汗)
どんどん僕のイメージが崩れてしまいそうで怖いなぁ・・・

嫌!!!!! はコメントを受け付けていません。

8月 07 2001

一難去ってまた一難って奴かなぁ・・・

Published by under

薬を塗りまくったおかげかどうかはわかりませんが、
とりあえず痛みが引き始めた感があり、ちょっぴり安心。
でもまだ十分につらいぐらい痛いですが。
しかし今度は痛みが引いたところから順に痒くなってきたのです。
痒いので掻くと非常に痛い。でも掻かずに入られない。
これはかなりの拷問です。(泣)

ちなみに海に行って以来、あったかいお風呂に入ってません。
水シャワーのみでございます。
日光浴びただけでも痛いのにお湯なんて怖くて浴びれません。
で、今日も今日とて水シャワー。
ま、夏だし気持ち良いといえば気持ち良いのですが、
如何せん疲れがとれ無い気がします。
そして不意に鏡を見てビックリ!
鼻の皮がむけ始めているではありませんか!!
そう・・・脱皮の開始です。(笑)

これで一皮向けて良い男になれる!!!

訳無いですな・・・

一難去ってまた一難って奴かなぁ・・・ はコメントを受け付けていません。

8月 06 2001

火照ったからだが熱いぜ・・・

Published by under

なんて良いもんではありません。ひたすら痛いだけです。
今日も早速薬を買いに薬局に行きました。
道中、窓越しに浴びる日光がしみます。マジ痛いです。
それでも何とか薬局到着。
先日とは違い、この店は3種類の薬が置かれていました。
どれも似たような売り文句や効果が書かれているので、
どれがベストか全くわかりません。
いろいろ考えた挙句、結局・・・

3つとも全部買っちゃいました(笑)

で、自宅に戻って早速治療。
あ?あ。
早く良くならないかなぁ・・・

火照ったからだが熱いぜ・・・ はコメントを受け付けていません。

8月 05 2001

ちょっとはしゃぎすぎたのかな・・・

Published by under

今日は彼女と二人で海に行ってきました。もちろん泳ぎに。
天気も非常に良くて、絶好の海水浴日和♪
ぷかぷか浮き輪で浮かんでみたり、浜辺で昼寝したり、
時にはちょっと沖にある浮きまで泳いでみたりしながら、
年甲斐も無くはしゃぎ回ってしまいました(笑)

で、すっかり忘れてました。
日焼けの恐怖を・・・

僕はもともと日光にはあまり強くない肌のようで、
たいていの場合、赤くなるだけでほとんど残らず消えてしまいます。
つまり痛いだけ。(涙)
しかし今回、あんまり長時間でもないので大丈夫だろうと思い、
特になにも対策を取らずに行ってしまったのです。
その結果・・・

全身赤むくれ!!(ToT)

痛い!!
とりあえず痛い!!!
どこがって???
そりゃもう全身。特に肩の辺りが真っ赤っか!
一応日焼けの後に塗る薬は買っておいたのですが、
一本全部使い切っても寝返りが打てないぐらい痛いのです。

今日は眠れそうに無いです。はい・・・

ちょっとはしゃぎすぎたのかな・・・ はコメントを受け付けていません。

8月 04 2001

今日のオイラは・・・

Published by under

アッシー君♪<死語かな?

今日も朝のはよからお仕事で、
ついでに仕事先での打合せなんかもあったりして、
結局帰ってきたら午後5時過ぎ・・・

そんなわけで本業を頑張る気力を奪われたので、
適当に夕飯の買出しをして(といっても弁当買ってきただけですが)
テレビ見ながら飯食ってました。
午後10時前、彼女から電話が。

「今、京都。これから帰りま?す♪」

そう。今日彼女は会社の同僚とお食事会。
それを昨日の電話で聞いた僕は駅まで迎えに行くと約束したのです。
実は僕の彼女は、普段は自転車で駅まで通ってます。
しかしながら最近、仕事で遅くなった帰りに引ったくりに会うという事件がありました。
幸いカゴにつんでたハンドバッグ以外は、怪我も無く無事だったのですが、
彼女自身もさることながら、僕のほうの心配性が炸裂してます。
ので、自らアッシー君を申し出た次第です。

で、早速お迎えに向かって、無事駅到着。
真っ直ぐ彼女の家まで送っていって、家の近くでしばし話しこむ。
今日の彼女は、少しお酒が入ってるのもあってかなりご機嫌。
彼女はあまり話し上手な方ではありません。でも、一生懸命話します。
そんな彼女の様子を見ながら話を聞くのが僕は大好きなのです。
なんかホッコリした気分にさせてくれます。

1時間ほど話した後、彼女が家に入るのを見届けてから
満足げに僕は帰路についたのでした・・・おしまい♪

今日のオイラは・・・ はコメントを受け付けていません。

8月 03 2001

そう。怖かったのさ・・・

Published by under

小さな、そして暗く冷たい場所にそいつは眠っている。
閉ざされた空間の中、時折与えられる僅かな光だけが、
唯一そいつの存在を思い出させてくれる。
与えられた運命に逆らうことも出来ず、
来るべき明るい未来は遠くやみに葬り去られ、
人知れず蝕まれていくその肉体を抱えながら、
そいつは唯ひたすらに終わりのときを待っている。

いったい何時からそいつがそこに居たのだろうか?
それすら僕には思い出せないでいる。
追われるように過ぎていく日々の中で、
いつのまにか忘れ去ってしまったのだろう。
いや、
きっと心の何処かには存在したはずだ。
わざと視界に入れなかっただけなのだ。
ただ、思い出すのが怖かっただけなのだ。
僕の知らない間に、
見えないところで変貌を遂げているであろうそいつの体を、
直視することを避けていたのだ。
そう、
違う生命が宿っているであろう、その存在を・・・

今日、僕はある決心をした。
長い間、目を背けてきたある事実に向かい合うことを。
どんな結果が待ちうけているのかわからない。
しかし、僕はやらなければならない。
わかっていたはずだ。
何時かはこの日がやってくることを。
そうだ!今日こそ捨てるのさ!!
この・・・

腐った卵を!!!!!←たぶん2ヶ月は冷蔵庫に居たと思われる(汗)

いや、マジ怖いですって!割れたらどうしよう・・・
絶対ヤバイ匂いするはずですもん(泣)

そう。怖かったのさ・・・ はコメントを受け付けていません。

8月 02 2001

心が和む瞬間って・・・

Published by under

どうも。昨日辺りから非常に機嫌が悪いGonです。
理由は一つ。
職場の同僚に変な人が混じってるからです。
この方、素敵なぐらいに頭がおかしいです。
どれほど勉強が出来て、どれほどの能力をお持ちなのかは知りませんが
社会への適応能力とか、物事に対する柔軟性とかを全くお持ちで無い様です。
恐ろしいほどの被害妄想、意味不明で論点を見出せない理想、
偏見で満たされたモラルやマナー、勘違いで産め尽くされたプライドなどなど、
人格異常者とみなすには十分な要素は腐るほどお持ちのようですがね(藁)
あ、ちなみにこの方・・・

巨匠とは別人です(笑)

で、昨日。ひょんな事からその人物と関わってしまった僕は
僕では処理不可能な無理難題を押し付けられた上に、
全く持って見覚えの無いクレームを付けて頂くという
この上なく素敵なおもてなしというか扱いを受けてしまいました。
ちなみに説明を加えておくと、
今現在に至るまで、この方とはほとんど面識がございません。(泣)
ま、ここまでおかしな人だと逆に相手する気がうせるので
ある意味良かったかも知れませんが・・・
しかしそうは言っても、一方的に言われっぱなしで平気なわけがありません。
それでいて、まともに向かっていっても何の解決も得られないのは
まさしく火を見るより明らかなのです。
そんなところで無駄な労力を使うほど僕は暇じゃありません。
でも・・・

マジ、ムカツクーーーーーッ!!!!!!

ハァハァハァ・・・申し訳ございません。つい取り乱してしまいました。
そんな訳で、やり場の無い怒りを抱えたままプログラムのソースを見てました。
しかし、そんな状態で効率良く進むはずがあろう訳もなく、
気分転換がてら彼女に電話してみました。
普段あまりこういう話をすることも無いので彼女にとっては大部分が意味不明で、
僕の置かれてる状況を把握することですらも難しいはず。
それでもちゃんと最後まで聞いてくれました。
そして諸悪の根源がそのお方であることは理解できたようで、

「なんなんその人?サイテー!!」

と言ってくれました。
精神構造が単純極まりない僕にはこの言葉だけで十分でした。
ささくれだってた心が癒された気分です♪
本当に、この娘と出会えてよかったなぁ???☆
やっぱ彼女がいるってのは良いもんですよね!!

心が和む瞬間って・・・ はコメントを受け付けていません。