Archive

Posts Tagged ‘command’

12月
14

sort

テキストファイルの行の並べかえをするコマンド。
ログの整理はこれとgrepでかなり簡単になる。

sort [option] [file…]
[option]
-t : フィールドの区切り文字を指定。デフォルトは空白とタブ。
-k [num1] ([num2]…) : 比較に用いるフィールドの指定。
-b : 行頭の空白を無視する。
-d : 辞書順にソート。空白と英数字のみ考慮。
-n : 数値順にソート。
-r : ソートを逆順にする。

,

12月
14

grep

grepの使い方がなかなか覚えられないのでメモ。
とりあえず使いそうなものだけ。

grep [option] pattern [file…]
[option]
-i : 大文字、小文字の区別をしない
-r : デレクトリ以下をを再帰的に
-n : マッチした行の先頭に行番号を追加
-w : 単語として含む行を表示
-A num : マッチした行と、後ろのnum行を表示
-B num : マッチした行と、前のnum行を表示
-C num : マッチした行と、前後のnum行を表示

,

10月
09

文字コード変換コマンドnkfの使い方まとめ linux – Knowledge Database IT.

構文

$ nkf オプション ファイル名 [> 出力ファイル名]

オプション一覧

-j(省略可能) : JISコード(ISO-2022-JP)を出力
-e : EUCコードを出力
-s : Shift-JISコードを出力
-w : UTF-8コードを出力(BOM無し)
-Lu : unix改行形式(LF)に変換
-Lw : windows改行形式(CRLF)に変換
-Lm : macintosh改行形式(CR)に変換
-g(–guess) : 自動判別の結果を表示
–overwrite : 引数のファイルに直接上書き
–version : バージョン情報を表示(インストール済チェック)

使用例
・文字コードチェック

$ nkf -g example.csv

・文字コード変換(UTF-8)

$ nkf -w –overwrite example.csv

・変換されているかチェック

$ nkf -g example.csv

UTF-8

文例
・文字コード変換(JISコード/ISO-2022-JP)

$ nkf -j –overwrite example.csv

・文字コード変換(EUC-JP)

$ nkf -e –overwrite example.csv

・文字コード変換(Shift-JIS)

$ nkf -s –overwrite example.csv

・文字コード変換(UTF-8)

$ nkf -w –overwrite example.csv

・ディレクトリ内txtファイル全てを、文字コード→UTF-8、改行→unix形式(LF)に変換

$ nkf -w Lu –overwrite *.txt

・ディレクトリ内txtファイル全てを、文字コード→Shift_JIS、改行→windows形式(CRLF)に変換

$ nkf -s Lw –overwrite *.txt

失敗例

$ nkf -w example.csv > example.csv

とやると、中身が空っぽになるので注意。
きちんと–overwriteオプションをつけるか、違う名前で変換後mvコマンドで上書きすること。

応用
・ディレクトリ以下のPHPファイルを全てUTF-8に変換する

$find -name ‘*.php’ | xargs nkf –overwrite -w

,

10月
08

Linux コマンド 勉強中 – コマンド一覧.

久々に見つけた見やすいLinuxコマンドリファレンスサイト。
充実度はこれから検証。

,