Archive for the 'PC&Web' Category

3月 11 2016

Linuxのパフォーマンスモニタ用コマンド

Published by under

いつのまにかインフラエンジニアとかいう職種になったおいら。
やる人いないから頑張ってやってただけでまだまだ素人に毛が生えた程度。
なのに、ボトルネック調査的な依頼が続いたのでお勉強中。

簡単にその手の情報収集するのにZabbix入れて云々もやってみたかったけど、
ちと敷居が高そうだったのでそれっぽいコマンドを検索(vmstat、free)。
[[http://sebastien.godard.pagesperso-orange.fr/documentation.html|sysstat]]パッケージを導入により使えるようになるコマンド(mpstat、iostat、sar他)を中心にメモ。

コマンド vmstat
概要 メモリーやCPUの負荷率や使用状況を表示。マルチコアの場合は平均化される。
詳細 リファレンス
実行例 # vmstat 1
 
コマンド mpstat
概要 CPUの負荷率や使用状況を表示。マルチコア対応。
詳細 オプション等 見方
実行例 # mpstat -P ALL 2 3 (2秒毎に3回出力)
 
コマンド iostat
概要 ストレージへのアクセス状況を表示。あくまでローカルHDDが対象っぽい。
詳細 オプション等 見方
実行例 # iostat -dmxt 1
 
コマンド free
概要 メモリーの使用状況を表示する。
詳細 リファレンス
実行例 # free -m
 
コマンド sar
概要 メモリーやCPUの負荷率や使用状況を表示。マルチコアの場合は平均化される。
詳細 解説記事

その他、良いツールがあれば情報求ム。

No responses yet

5月 14 2015

自動アップデートの弊害

Published by under

最近メモすら残してないので自動更新で放置気味な当ブログ。
久々にメモ残そうと思ったら新規投稿も更新もなんだかおかしな状態。
まともに動作しない。で、少し様子見したのち軽く調査。

http://blog.appling.jp/archives/3202

ちょっとしたバグなんだろうけど、
こういうのいち早く発信できるのはすごいなぁ?
と感動せずにはいられない。感謝。

No responses yet

12月 02 2014

Excel2013の動きが遅い!!

Published by under

イライラしながら作業してたが我慢が限界に達したのでいつものごとくgoogle先生に質問
サクッと解決。

Excel2013の動作が遅いときの対処法

いつもながらどうやってこういう対処法を見つけてるんだろう。
不思議で仕方がない。

ともあれ、情報提供心から感謝♪

No responses yet

4月 14 2014

Teratermのインストール

Published by under

久々にTeraterm入れなおしたらちょいと嵌ったのでメモ。

http://m630.net/archives/885

ググッたら5秒で解決。
google先生は偉大だ。

ってか、この手の問題をさくっと解決できる人ってすごいなぁ。
Windowsに詳しくなれば身につくものでもないような。。。
ま、詳しくないけど(汗

No responses yet

2月 26 2013

win7:445portとの戦い

Published by under タグ: ,

sshでトンネル掘ってwin7からsamba見ようとすると嵌ったのでメモ。
やったことは以下の通り。

ループバックアダプタの追加

  1. デバイスマネージャから「レガシィハードウェアの追加」を選択
  2. ウィザードに従い以下を選択
    • 「一覧から・・・」
    • 「ネットワークアダプタ」
    • 「Microsoft」
    • 「Microsoft loopback adapter」

ループバックアダプタの設定

  1. [コントロールパネル] → [ネットワーク接続]
  2. 追加したループバックアダプタのプロパティを開く
  3. [Microsoftネットワーク用クライアント]と[ファイルとプリンタ共有]のチェックをはずす
  4. インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティを開く
  5. [詳細設定] → [WINS]で[NetBIOS over TCP/IPを無効にする]を選択→[OK]
  6. [全般]でIPアドレスを設定
  7. 適当なプライベートIPを振る(例:192.168.0.1)

445portの縛りをなくす

  • ここが一番重要。要はWinデフォのsmbサービスがつかんで離さないので困る。
  • うんなもんの世話にはならん!ってことで潔くサービス停止。
  • が、念のため、有事の際にはもとに戻したいってことで以下のツールを使用。
    • LocalSMB.exe
      1. 管理者として上記exeを実行
      2. ダイアログをよく読んで、チェックを入れてリブート

ポートフォワーディング

  • ツールはいろいろあるけどputtyを使った。
    1. 普通にsshで接続時の設定
    2. 設定項目ssh配下のtunnelの項目で以下を追加
      • Source port → ループバックアダプタに設定したIP:445
      • Destination → 127.0.0.1:445
      • IPv4
    3. 保存

エクスプローラでチェック

  • ¥¥ループバックアダプタに設定したIP
  • 無事に見れたらガッツポーズw

No responses yet

9月 05 2011

__FILE__と$0

Published by under タグ:

こんな風に使える。

puts “filename: #{__FILE__}

似たようなのに $0 がある。
しかし $0 と __FILE__ は似て非なるもの。
__FILE__ が実行中のプログラムのファイル名を表すのに対し、
$0 は実行するときに指定したプログラムのファイル名を表す。

> ruby hoge.rb

のように実行するプログラムが1つの場合は、__FILE__ と $0 の値は一致する。
しかし、別のプログラムから require したときは、__FILE__ と $0 は一致しない。

この特徴を利用して、__FILE__ と $0 はライブラリのサンプルコードによく利用される。
例えば以下のようにして書けば、ライブラリとして利用されるとき(require されて使われるとき)は
サンプルコードの部分は実行されない。

if __FILE__ == $0
# サンプルコード
end

No responses yet

10月 28 2010

iPhoneからの投稿テスト

Published by under タグ:

wordpress appからの投稿テスト。
まだまだ iPhoneの文字入力は慣れないから
利用頻度は低いかもしれないけど(^◇^;)

No responses yet

7月 26 2010

emacs設定がらみ(.Xdefaults or .Xresouces)

Published by under タグ: , , ,

リモートで作業しようとしたとき,
手元のubuntuからfedora8につないでemacs立ち上げると失敗.
フォントがないと怒られる.なぜに???
フォントまわりでトラブル起こすのが一番面倒というか
一番理解出来てない部分なので極力カスタムせずにいたのに...
で,どうもubuntu側で見やすいフォントが設定されてるんだけど
それがfedora側にないフォントでこけてる模様.
とりあえずそこのフォント指定を外してみる.
で,.Xdefaults と .Xresoucesを軽くお勉強.
両者の違いはこちらを参照.ちょっと抜粋.

リモートでアプリケーションを立ち上げるときに .Xdefaults はアプリケーションを実行するホストのものが参照されます。一方、.Xresources はxrdb を実行するホストのものが参照されるます。よって、同じ画面に表示させるときは、違うホストで実行しても同じ設定になります。また、同じホストで実行しても違う画面に表示させるときに違う設定が使えます。

ってことなので,無理なく各接続先の設定を使うには,.Xdefaultsを設定ってことかな.
で,どちらを設定したにしろ,

xrdb -merge ~/.Xdefaults or ~/.Xresources

ってする.詳細は...もうおなかいっぱい.とりあえずOKなようなので今回はここまで.

No responses yet

5月 11 2010

emacsでのファイルのリロード

Published by under タグ: , ,

普段、Winの環境に慣れてるとこういうのがサクッとサポートされてないと戸惑う。
おそらく全てをemacs上で賄ってしまえる人は問題ないのだろうけど。。。

本題。

emacsでファイルを開いた状態で、外部エディタ等でファイルを編集した場合、
一度 kill-buffer してから 開き直したり, revert-buffer を利用する必要がある.
これでは面倒だし,それまでの変更を取り消すことができなくなってしまって困る。
ので、以下のような設定をしておくと便利だそうな。

(defun reopen-file ()
  (interactive)
  (let ((file-name (buffer-file-name))
        (old-supersession-threat
         (symbol-function 'ask-user-about-supersession-threat))
        (point (point)))
    (when file-name
      (fset 'ask-user-about-supersession-threat (lambda (fn)))
      (unwind-protect
          (progn
            (erase-buffer)
            (insert-file file-name)
            (set-visited-file-modtime)
            (goto-char point))
        (fset 'ask-user-about-supersession-threat
              old-supersession-threat)))))
 
(define-key ctl-x-map "C-r"  'reopen-file)

これで、C-x C-r でファイルを開き直すことができ、アンドゥで元に戻すこともできる。
何をしてるかというと、
バッファの内容を消して (erase-buffer) ファイルを挿入 (insert-file) しているんだそうな。

No responses yet

5月 11 2010

LAPACK, ATLAS, CBLASの使い方?

Published by under タグ: , , ,

はせあさんからもらったプログラム(for Fedora8)をUbuntu(10.04-amd64)で動かそうとしてすこはまり。
そもそもこれらが何するものかもよく知らないのに手を出したのが失敗のもとか。。。

  • インストール
    • synapticでatlasでフィルターしてlibatlas、libcblas あたりを追加した
      • でも、実は標準で入ってたのかも???
    • Fedoraも標準インストールなら入るらしいのだが、共有マシンは最小構成なため利用不可みたい
  • ヘッダーのinclude
    • 頂いたファイルでは<atlas /cblas.h>となっていたのを<cblas .h>に変更
      • これが無いと、cblas_?の関数への引数が解決されない。
  • compile
   # もともと教えてもらったのは
   gcc [filename] /usr/lib/atlas/libcblas.a /usr/lib/atlas/libatlas.a -lm
   # 諸々の変更に伴い次のようになった。(というか、これでようやくうまくいった)
   gcc [filename] -llapack -lf77blas -lcblas -latlas -lm

ここに至るまでどんだけ時間が。。。
その他の詳しい情報は、こちらを参照(相当詳しい説明)
</cblas></atlas

No responses yet