Archive

Posts Tagged ‘setting’

7月
26

リモートで作業しようとしたとき,
手元のubuntuからfedora8につないでemacs立ち上げると失敗.
フォントがないと怒られる.なぜに???
フォントまわりでトラブル起こすのが一番面倒というか
一番理解出来てない部分なので極力カスタムせずにいたのに...
で,どうもubuntu側で見やすいフォントが設定されてるんだけど
それがfedora側にないフォントでこけてる模様.
とりあえずそこのフォント指定を外してみる.
で,.Xdefaults と .Xresoucesを軽くお勉強.
両者の違いはこちらを参照.ちょっと抜粋.

リモートでアプリケーションを立ち上げるときに .Xdefaults はアプリケーションを実行するホストのものが参照されます。一方、.Xresources はxrdb を実行するホストのものが参照されるます。よって、同じ画面に表示させるときは、違うホストで実行しても同じ設定になります。また、同じホストで実行しても違う画面に表示させるときに違う設定が使えます。

ってことなので,無理なく各接続先の設定を使うには,.Xdefaultsを設定ってことかな.
で,どちらを設定したにしろ,

xrdb -merge ~/.Xdefaults or ~/.Xresources

ってする.詳細は...もうおなかいっぱい.とりあえずOKなようなので今回はここまで.

, , ,

5月
11

普段、Winの環境に慣れてるとこういうのがサクッとサポートされてないと戸惑う。
おそらく全てをemacs上で賄ってしまえる人は問題ないのだろうけど。。。

本題。

emacsでファイルを開いた状態で、外部エディタ等でファイルを編集した場合、
一度 kill-buffer してから 開き直したり, revert-buffer を利用する必要がある.
これでは面倒だし,それまでの変更を取り消すことができなくなってしまって困る。
ので、以下のような設定をしておくと便利だそうな。

(defun reopen-file ()
  (interactive)
  (let ((file-name (buffer-file-name))
        (old-supersession-threat
         (symbol-function 'ask-user-about-supersession-threat))
        (point (point)))
    (when file-name
      (fset 'ask-user-about-supersession-threat (lambda (fn)))
      (unwind-protect
          (progn
            (erase-buffer)
            (insert-file file-name)
            (set-visited-file-modtime)
            (goto-char point))
        (fset 'ask-user-about-supersession-threat
              old-supersession-threat)))))
 
(define-key ctl-x-map "C-r"  'reopen-file)

これで、C-x C-r でファイルを開き直すことができ、アンドゥで元に戻すこともできる。
何をしてるかというと、
バッファの内容を消して (erase-buffer) ファイルを挿入 (insert-file) しているんだそうな。

, ,

2月
01

===== 準備 (~/.emacs) =====

・基本

~/.emacs に以下のコードを追加します。

; 日本語をデフォルトにする。
(set-language-environment “Japanese”)
; anthy.el をロードできるようにする (必要に応じて)。
(push “/usr/local/share/emacs/site-lisp/anthy/” load-path)
; anthy.el をロードする。
(load-library “anthy”)
; japanese-anthy をデフォルトの input-method にする。(*)
(setq default-input-method “japanese-anthy”)

実際には、*の行だけでオッケーっぽい←ただの勘違い。。。

・カスタマイズ

; ひらがなの map を変更する (個別指定)。
(anthy-change-hiragana-map “,” “、”)
; ひらがなの map を変更する (半角の “.” “,” を全角の “.” “,” に割り当てる)。
(anthy-load-hiragana-map anthy-alt-char-map)
;; かな漢字変換入力モードでSpaceを押したとき、半角空白が挿入されるようにする。
(setq anthy-wide-space ” “)

キー割り当て

一般

起動 C-
変換開始 C-n,C-p,Space
変換確定 C-j,C-m,Enter
変換候補のスクロール C-n,C-p,Space
変換キャンセル C-g,C-h,Backspace

モード変更

操作前のモード キー操作 操作後のモード
かな漢字変換 q カタカナ固定
かな漢字変換 l 半角英数固定
かな漢字変換 L 全角英数固定
カタカナ固定 q かな漢字変換
カタカナ固定 l 半角英数固定
カタカナ固定 L 全角英数固定
半角英数固定 C-j かな漢字変換
全角英数固定 C-j かな漢字変換

'/' を押すと、かな漢字変換入力モードやカタカナ固定入力モードで入力中でも、再度 '/' を押すまで半角英数字を入力できます。/ を 2 回押すことで / 自体も入力できます。

文節移動

C-f,Right ひとつ先の文節に進みます。
C-b,Left ひとつ前の文節に戻ります。
C-a 一番最初の文節に移動します。
C-e 一番最後の文節に移動します。
C-o,Shift-Right カーソル位置の文節が 1 文字長くなります。
C-i,Shift-Left カーソル位置の文節が 1 文字短くなります。

, ,

2月
01

参考:Linuxのゲートウェイ設定を有効にする

・IPフォワーディング状態の確認

# cat /proc/sys/net/ipv4/ip_forward
# 0: フォワーディングなし 1: あり
0

・IPフォワーディングを有効にする
# echo 1 > /proc/sys/net/ipv4/ip_forward

/etc/sysconfig/network

FORWARD_IPV4=”yes”

/etc/sysctl.conf

net.ipv4.ip_forward = 1

,

2月
01

CapsLockとCtrlの入換方法のメモ。
やりたいことはGUIからも可能だけど念のため。

= KDEの場合 =

  • コントロールセンター > 地域およびアクセス補助 > キーボードレイアウト の設定でOK
  • i-Switch(切替器)使うとこれだけじゃ動作が変。コンソール側の設定も変更が必要

# cd /lib/kbd/keymap/i386/qwerty

# cp jp106.kmap.gz ip106.map.gz.orig
# gzip -d jp106.map.gz
# vi jp106.map
keycode 29 = Control -> Caps_Lock
keycode 58 = Caps_Lock -> Control
# gzip jp106.map

要再起動かな? → 他に方法はあるっぽいけど調べるの面倒なので。。。

,

2月
01

基本

プロンプトは表示されるエスケープシーケンスとそうでない制御を含む部位の組み合わせで表現する。
表示されない部分を作るのは以下のエスケープシーケンス。

[ 表示されない文字列の開始。端末制御シーケンスをプロンプトに埋め込む。
] 表示されない文字列の終り。
e[ 制御の記述開始。bash2.0以前では 33[
m] 色指定のときの終わりの囲み

結果的に、

  • [e[(色)m]
  • [e[(制御)m]

のどちらかになる。
後はこれの組み合わせ

(例)

[e[(色)m][e[(制御)](表示させたい項目)

エスケープシーケンス

a ASCII のベル文字 (07)
d “曜日 月 日”のフォーマットによる日付け(例 “Tue May 26”)
e ASCII のエスケープ文字 (033)
h 最初の”.”のところまでのホスト名
H ホスト名
n 改行
r 復帰
s シェル名、$0 のベース名(最後のスラッシュの後ろの部分)
t 24時間制の HH:MM:SS のフォーマットによる時間
T 12時間制の HH:MM:SS のフォーマットによる時間
@ am/pm をつけた12時間制のフォーマットによる時間
u 現ユーザーのユーザー名
v bash のバージョン(例 2.00)
V bash のリリース番号、バージョンとパッチレベル(例 2.00.0)
w 現在のディレクトリ
W 現在のディレクトリのベース名
! 現在のコマンドのヒストリー番号
# 現在のコマンドのコマンド番号
$ UIDが0なら#、そうでなければ$
nnn 8進数nnnに対応する文字
バックスラッシュ

色づけ

表示されないエスケープシーケンスは、[33[ と ] で囲んでやる必要がある。
色のエスケープシーケンスの場合は後ろに m] をつけてやる必要がある。

(例)プロンプトにブルーのテキストを入れるには、

PS1='[e[1;30m]u@h:W$[e[0m] '
  • 色の定義
Black 0;30 Dark Gray 1;30
Blue 0;34 Light Blue 1;34
Green 0;32 Light Green 1;32
Cyan 0;36 Light Cyan 1;36
Red 0;31 Light Red 1;31
Purple 0;35 Light Purple 1;35
Brown 0;33 Yellow 1;33
Light Gray 0;37 White 1;37

,

12月
14

emacsで他のwindowに移動するのは、通常C-x o でツーストローク必要。
最近良く使うのが全画面表示で中央に分割、さらに左だけ上下二分割の3ペイン。
なので、ツーストロークでの移動がうざったい。ので、設定変更。

.emacsに以下を追記。

(global-seto-key “C-z” ‘other-window)

emacsは未だに初心者の域を脱してないので全然つかいこなせてないけど、
ここ3ヶ月ばかり、意識して使うようにしだしてからすこしずつその魅力がわかってきた気がする。
が、その奥深さに愕然ともしてたり。

,

10月
16

lsコマンドで表示される配色を変更する – bnote.

CentなマシンにRemoteで入ると、lsコマンドで表示されるファイルのカラー表示が暗い色になる。
そのため、bgcolor:black、fgcolor:whiteが好きなおいらは、
青字のディレクトリとか見づらくてしょうがない。ってか、見えない。
envで確認すると、理由は良くわからないけど、
RemoteでログインするとLS_COLORの値が変わってしまうことが判明。
で、自分のhomeに直接設定ファイルを置くことで解決したのでメモ。

1.自分のローカルに .dir_colors があるか確認
2.無ければ /etc/DIR_COLORS をコピー(RedHat系の場合、Debian系はdircolorコマンド?)
3.あとは上記サイト等を参考に好きに編集

以上、思ったより簡単に解決してよかった。

,

10月
15

会社で愛用のandLinuxなんだけど、使えるようにするまで案外いろいろあって
再インストールの度にすっかり忘れてて無駄に時間がとられる。ので、ようやく作業メモ。

1.andlinuxのサイトから本体をダウンロード。
2.Vistaの場合、落したファイルを右クリック。「管理者権限で実行」で実行。
3.ウィザードに従って適当に。
4.インストール後の基本設定
・キーマップをjp106、タイムゾーンをアジア/東京へ

dpkg-reconfigure console-data
dpkg-reconfigure tzdata

5.日本語環境の構築(情報源はこちらこちら

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/jaunty.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install ubuntu-desktop-ja
sudo dpkg-reconfigure locales
sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 (←これ重要!)

6.再起動

sudo shutdown -r now

7.インプットメソッドの変更

im-switch -c

8.xfce-terminal上で右クリックして、Input Methodをscimへ変更
  ※ scimパネルは、最初、タスクバーの下に隠れてるので「タスクバーを自動的に隠す」で隠すと見つかる

以上だったと思う。

, ,

10月
13

【VISTA BEEP音を無効にする】 – ◇初心者ウーフ◇.

1.「コントロールパネル」 > 「デバイスマネージャ」を起動
2.「表示」メニューの「非表示のデバイスの表示」を選択
3.一覧から「プラグアンドプレイではないドライバ」を開き「Beep」をダブルクリック
4.「Beepのプロパティ」 > 「ドライバ」タグ選択
5.「スタートアップ」 > 「種類」を《無効》に

同じことがレジストリ弄っても可能。

1.レジストリを開き、「HKEY_LOCAL_MACHINE SYSTEM CurrentControlSet Services Beep」
2.Start キーの値を「4」に設定
3.パソコンを再起動

以上。