3月 18 2019

macでシリアル接続&文字コード対応メモ

Published by under タグ: , ,

個人マシンのMacBookPro(2017)で久々に実機触る作業発生。
数年前に購入したBuffaloのBSUSRC0605BS(USBシリアル変換ケーブル)使用。
ターゲットとなるハードはYamahaのRTX1200。
個人マシンのOSは、macOS mojave(10.14.3)。

特にドライバ等必要とせず、screenで接続可能。
(何気にケーブル間違えてハマったのは内緒。付属のクロスケーブルを使いましょう。)
ちょっと古い記事とかだとチップベンダーのサイトからドライバ取ってきて〜
などと記述があるけど、返っておかしくなるので手間が増えるだけです。
具体的にはちゃんとシリアル接続を認識してくれなくなりました。経験者は語る。。。(T_T)

$ ls -l /dev/cu.* または  ls -l /dev/tty.* (違いは分かってないです。。。)

crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 7 3 16 14:24 /dev/cu.-WirelessiAP-4
crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 5 3 16 14:24 /dev/cu.Bluetooth-Incoming-Port
crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 1 3 16 14:24 /dev/cu.MALS
crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 3 3 16 14:24 /dev/cu.SOC
crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 9 3 18 18:20 /dev/cu.usbserial-FTGO1K4I

または

crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 6 3 16 14:24 /dev/tty.-WirelessiAP-4
crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 4 3 16 14:24 /dev/tty.Bluetooth-Incoming-Port
crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 0 3 16 14:24 /dev/tty.MALS
crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 2 3 16 14:24 /dev/tty.SOC
crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 8 3 18 16:35 /dev/tty.usbserial-FTGO1K4I

みたいな感じの結果が返ってくるはず。

いずれの場合も「usbserial~」のやつをコピー。screenコマンドでつなぐ。

$sudo screen -U /dev/cu.usbserial-FTGO1K4I

で、screenって実はほとんど使ったことがないというへなちょこインフラエンジニア。
RTX1200がデフォルトSJISなのは知ってても文字化けに対応できないお恥ずかしさ。
例によってグーグル先生に頼る。

$ vim .screenrc

bind ^U encoding utf8 utf8
bind ^E encoding eucjp utf8
bind ^W encoding sjis utf8

で、設定したもののctrl-uとか何もおこらない。ctrl−a ctrl-w ってやる必要があるようで。
ちなみにscreen閉じるときは ctrl-a k ってことすら知らなかったので最後に書いておく。

No responses yet